« 初七日 | メイン | ジョンジョンの災難~ »

2012年9月20日 (木)

NANAのこと...

034 NANAが亡くなって1週間が経ちました。 1週間前の朝、出勤前にNANAが後追いをした。とうちゃん行かないでと言いたげな表情で...ふと嫌な予感がした。 点滴に行く予定だったため、いつもより早めに帰宅、NANAは待っていてくれた。リビングで寝ていたNANAは私の顔を見て立ちあがった。けど最後の力を振り絞って立ったのだろう。そのままへたり込んだ。慌てて在宅中の彩姉とともにNANAを車に乗せて病院へ向かった。通いなれた病院までの道のりが遠く感じた。受付を済ませて車で待機中に容態が急変した。おそらく体力ぎりぎりまで私の帰りを待っていてくれたのだろう。もう余力がなかった。「おいおい~ちょっと待ってくれよ」というくらいあっという間に逝ってしまった。あまりにあっけなく逝ってしまったので涙も出なかった。時間にして本当に2~3分の出来事だった。先生が駆けつけてくれたが手遅れだった... 余命宣告から4ヶ月半NANAは本当によく頑張ってくれた。余命2週間と言われたあの夜、家族に報告して泣き崩れた。こんな悲しいことは今までなかったから... 一分の望みに賭けて4月28日抗癌剤治療に踏み切った。奇跡が起こった。驚異の回復を見せてくれ6月中旬から8月中旬の間は寛解状態となり、遊びに出かけることも出来た。完治するのではと期待を抱いてしまうほど順調だった。でも8月下旬から癌が再燃してきた。もう抗がん剤は効かなくなっていた...再燃した癌の勢いは凄まじく日に日にNANAの体力を奪っていった。 NANAは2006・4・24に我が家で生まれた。家に残る予定ではなかったけど、ちょっとしたアクシデントで残ることになった。これも縁があったということか?その後もNANAを譲ってほしいと何人かが訪ねて来られましたが、どうしても手放せなかった。 こうしてMOMO&NANAのフラットじゃない日々が始まった。最初はフラット(平坦)とはほど遠いはちゃめちゃぶりだったのでこんなタイトルに~(笑) 琵琶湖の女王と謳われたNANAですが、最初から泳げたわけじゃなくMOMOの後を溺れそうになりながら必死に追っかけていました。 たしか琵琶湖デビューは4ヶ月でしたね。2年後にはジェットスキーNANAと呼ばれていたな~(笑) 3歳の頃が全盛期、どこまで飛ぶのかって思うほど琵琶湖へ向かって飛んでいた。レトリーブでNANAに勝てる子はいなかった。本当にすごい子でした。 遊び場では爆裂娘のNANAですが、おりこうさんなんですよ~家の中では一度も粗相をしたことがなかったし、ごはんごはんの要求吠えもしなかった。でも唯一玉に傷なのが分離不安...私が帰宅した時にはもう大騒ぎ~(吠えまくり)嬉しくてしょうがないのでしょうね。お隣さんからはご主人が帰られた時間がわかりますって言われたな~ こんなことも有りました。フラットブリーダーさんの招待で朝霧のドッグランに出かけた時、ランで遊んでいて私がトイレに行ってたら、NANAがランの外へ出ていてびっくり~\(◎o◎)/! 近くにいた人がその子フェンス乗り越えていきましたよって~(・.・;) 怒られてもめげない、本当にパパっ子さんでした。 NANAと遊んでもらった時、ペロペロしたり、股くぐりしてドボドボにされた方、御免なさい~m(__)m でもね。NANAは好きな人の所にしか行きません。彼女なりの愛情表現です。ご容赦ください 今までNANAを可愛がってくださり本当にありがとうございました。 NANAが旅立って小さくなって帰って来てから、朝一番に私が仏前の水を換えてやります。爺ちゃんは毎日お供えのおやつを持って来てくれます。婆ちゃんは初七日の日にお経をあげてくれました。冴姉は毎朝線香をあげてくれます。かあちゃんは大好物のお供えのリンゴを常に新鮮なものに換えてくれています。今、つくづく思います。NANAは私たち家族の大切な一員だったんだなって... NANA~家で過ごしてどうだった?幸せだったか?NANAに聞いてみないと分らんけど...でも最後の時、一緒にいて抱きしめてやれたこととNANAすごく優しい顔して旅立ってくれたことがせめてもの救いです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/557685/29861889

NANAのこと...を参照しているブログ:

コメント

MOMOパパさん
悲しくて寂しくて、やるせない思いが一週間たっも
まだまだこみ上げてくるようですね。
3年前の僕が本当にそうでした。毎日泣いてた。 

NANAちゃん、あなたは本当に幸せでしたよね。
大好きなパパやご家族とちょつぴり短かかったけど楽しい
充実した一生を終えれたんだもの。そして最期もパパさんが
懸命になって病と闘ってくれましたよね。 
そのパパのご帰宅を心待ちにして…(涙)

虹の橋のたもとに着いたら我家の初代フラット・ビビと
遊んでやってね。NANAちゃんより少し早足で6才と1ケ月で逝った
黒い仔だよ。そこにはフラットが沢山いるかもしれないけど、
体重が43キロで近所ではクマさんみたいって云われた仔なんですぐわかるよ。 

MOMOパパ

寂しい悔しい思いの日々だと思います。
いつ?どの時に戻れば病気にならなかった?!なんて悔やんだり
返して欲しい、会いたい…分ってるのに。

ユウさんも朝から涙してる時もあります。

MOMOちゃんジョンジョンくんは大丈夫ですか?

MOMOちゃんが母となりNANAちゃんが産まれ笑いと幸せを貰い楽しかった時間は
家族全員の宝ものです。 
そして私達も出会えました。
すご~く楽しい時間でしたね。

NANAちゃん~パパの近くに居るよね♡
パパと離れなくって良いもんね(仕事にも付いて行けるしぃ♡)

ジョジョは一足先に虹の橋のたもとに到着したと思いますが…。
顔見知りのふたりお互いビックリしたりして?!
そして元気に遊んでくれてると嬉しいです。

NANAちゃんのパピーからの話 
メソメソ泣きながら自慢大会しょう!
我が仔亡くすことは、家族単位ですが、お友達と泣き笑しながらワンコ談義(自慢)は、復活の力に。
我が家はそう感じました。

NANAは間違いなくMOMOパパんちの子で幸せだったよ。NANAを知ってる全員が全員「NANAは幸せだったね」って言うと思います。

この1週間長く感じませんでしたか?考える事はNANAの事ばかりだよね。そしてジワジワ涙が出たりね・・・。
NANAの最期のことアップしてくれてありがとう。仲間であり大切なお友達NANAの頑張りはすべて知りたかったし、この先もずっと私の心の中にNANAとの思い出はあり続けるからね。
NANA、股くぐりのバスタオルをようやく最近してくれるようになって、やった♪これからまだまだ親密に~なんて思ってたからかなり寂しいんだけど、好きな人にしかやらないって聞いてかなりうれしいconfident

MOMOパパ!私NANAとは2歳の時出会ってるからその前のこともいっぱい聞きたいな。
私遠慮なくNANAのこといっぱい聞くからね!たくさんたくさん我が仔の話しよう。
NANAが旅立ったことアルファに伝えたよ。アルファもまさか向こうでNANAに会うなんて思ってもなかったと思うけど、頑張ったNANAを優しく迎えてあげてねって伝えたよ。

NANAと過ごした楽しかった日々、つらかった日々、頑張った日々、どれもかけがえのないNANAの犬生の1ページ。みんなの記憶にNANAはずっとあり続けるよ。MOMOの話をすればNANAも出てくる。これからもずーっと。だってずっと仲間で友達だからね!

こんなに悲しいことは今までなかった・・・
そうですね、自分もそうでした。
これは経験した人にしか分からないかもです。
大切な我が子を亡くすと、ああしとけば良かった、こうしとけば良かったかも、家に来て幸せだったのか?って思うんですよね。
でもNANAちゃんは間違いなく幸せだったと思います。
だってこんなに思ってくれるパパさんと一緒に暮らせたんですから。

たくさんの思い出を振り返りながら、NANAちゃんの事いっぱい思ってあげてください。
NANAちゃんのご冥福をお祈りします。

ブログ読んで、NANAちゃんが闘病中だと知って、その後もお友達のブログなどで様子見てました。

私が初めて亡くした我が子はうさぎです。
その時の喪失感は想像以上のものでした。
そして少なくともあと3回(風太、ミュウ、りんく)を看取り、この喪失感を味わうのだと思うと怖くなったのを覚えています。

その子のことを思い出し、泣いたり笑ったりすることは、大切な供養だと私は思っています。

NANAちゃんはMOMOパパの家族になれて幸せだったと思います。
だってNANAちゃんが家族でいてくれて、MOMOパパは幸せだったでしょ?
自分のボスが幸せなら、わんこ達もきっと幸せなはずです。

NANAちゃんのご冥福をお祈りします。

ビビパパ様~

ありがとうございます。
やるだけのことはやったので...
と思っていましたが、やはり最愛の娘を若くして病で亡くした悲しさ寂しさは半端じゃなかったです。

ビビ君?ちゃん?
43キロは\(◎o◎)/!スゴイ
6才1ヶ月早いですね。
NANAも、あと3年は一緒に居たかったです。

虹の橋のたもと...
あまえたのNANAは家に居そうです^_^;


アージョママ様~

いくら悔んでも悲しんでもNANAは帰ってきませんが、NANAには感謝しています。なぜなら4ヶ月半も猶予をくれたのだから...
抗癌剤辛かったと思います。でもNANAは精いっぱい頑張ってくれました。
一時は克服できるのでは?と思わせるくらい元気になってくれました。
やはりこの病はそんなに甘くはなかったです。
もっと早く気づいてやれば...結果は同じであっても、もっと抵抗できたかもしれません。悔しいです。

憎むべきこの病の特効薬ができる事を期待したいです。

ALFAMAMA~

NANAは幸せだったと言ってくれて嬉しいです。
そんなに贅沢はさせてやれなかったし、お出かけも近場ばっかしだったけど...
でもNANAは喜んでいてくれた。
そんなNANAを見ているのが幸せだった...

NANAはALFAと会ったかな?
まだ家でウロチョロしてそうな~(^^ゞ

ほんとに可愛い奴でした~(泣)

オーレの父ちゃん~

ありがとうございます。

NANAの余命宣告を受けた時、義経君のことを思い出しました。
教訓にすることができなかった...
本当に手遅れになるまで病魔を感じ取ることができなかった...悔しくて悔しくて涙が止まらなかった。
でも奇跡を起こして向き合う時間を作ってくれ救われました。

NANAは駆け足で逝ってしまいましたが、皆はゆっくり歩んでほしいです。

あきちゃん~

ありがとうございます。

NANAと暮らした6年5ヶ月は本当に幸せだったよ~
孫は目の中に入れても痛くないなんて言いますが...MOMOの産んだ子なのでNANAは孫ですよね。

爆裂さんでしたが自分の言うことはよく聞いてくれるお利口さんでした。(褒めすぎ~)


風太や皆は長生きしてくださいね~

コメントを投稿